ニュース

プラグインv1.9.5リリース

A.O.M. Audio Plugins バージョン1.9.5をリリースしました。

新機能

  • [All Plugins] スナップショット機能を追加しました。A/B比較機能の代替となります。
  • [All Plugins] ファクトリープリセットの階層構造に対応しました。
  • [All Plugins] パラメータリセット操作の取り消しに対応しました。
  • [All Plugins] ドロップダウンリスト上でのホイールによる前後の値の選択に対応しました。
  • [All Plugins] 評価用ライセンスへの対応を追加しました。
  • [All Plugins, Windows, except for ProTools] プラグイン画面のズーム機能を実装しました。
  • [Invisible Limiter / Invisible Limiter G2] 内部のサンプルレートをそれぞれOversampling / Qualityパラメータに表示します。
  • [Invisible Limiter G2] CPU負荷をわずかに低減しました。
  • [tranQuilizr] Bandwidthパラメータの表示に単位(oct)を追加しました。

バグ修正

  • [All Plugins] 冗長なメモリ(再)割当を排除しました。
  • [All Plugins] ライセンス状態を示すアイコンが、ウィンドウを開いた後1秒間程度、正確なライセンス状態を表示しないことがあるバグを修正しました。
  • [All Plugins] ノブのダブルクリックで値をリセットした後、Cubaseのプラグインパラメータリンク機能が効かなくなるバグを修正しました。
  • [All Plugins, Mac] ノブの操作時にプラグイン画面がカクつく不具合を解消しました。
  • [Cyclic Panner] 非効率的なメモリ割り当てを排除しました。
  • [Invisible Limiter G2] Qualityパラメータを変更した際に発生する可能性があるポップノイズを低減しました。
  • [tranQuilizr] EQポイントを操作した際に、tranQuilizrが空のアンドゥ履歴を記録するバグを修正しました。
  • [tranQuilizr] マウス操作のホストへの通知が重複する可能性がある潜在的バグを修正しました。ただし、実際に問題になった事例は確認されていません。
  • [tranQuilizr] フィルタのスロープを変更した際に発生する可能性があるポップノイズを低減しました。

その他の変更

  • [All Plugins] プラグインアンドゥ機能を持つホスト (Studio One, Ableton Live, Logic Pro) で、ホスト側のアンドゥ機能との干渉を避けるため、A.O.M.プラグイン側のアンドゥ機能を無効化するよう変更しました。
  • [All Plugins] 数値入力時に表示される値の桁数を加増しました。
  • [All Plugins] プラグイン内ライセンスインストール機能で、ライセンスファイルを開くボタンを削除し、ライセンスファイルのドラッグ&ドロップ操作に統一しました。
  • [All Plugins] プラグイン内でのモーダルダイアログの使用を中止し、プラグインウィンドウ内全画面のダイアログに変更しました。本変更によって、ダイアログのモーダル性や他のウィンドウとの前後関係によってDAWが操作不能になる可能性を未然に排除できます。
  • [Cyclic Panner] パンポット表示を、-100〜100から、"C"や"L 50"など分かりやすい表示に変更しました。
  • [Invisible Limiter G2] プリセットロードロック機能(錠アイコン)を削除しました。「ファクトリープリセットの呼び出しではゲインなど特定のパラメータは常に変更されない」「ユーザプリセット(DAW側機能)の呼び出しでは常にすべてのパラメータをプリセット設定に変更する」という動作になります。
更新情報を電子メールで受信できます。下記登録フォームからお手続きください。
登録フォーム